雪が降りしきる2017年の沼田だるま市

日本海側を中心に、大雪の天候となった昨日今日。降雪の状況や雪による被害のニュースが報じられています。
群馬県北部に位置する川場村でもだいぶ降雪がありました。
午前10時ごろ、私の家の庭先で測ってみたら40センチちょっとありました。

庭先の降雪

 

私の愛するセカンドカーも雪に埋もれてしまいました。

軽トラックの雪をどける

 

午後になっても断続的に降っていますが、川場村に隣接している沼田市では、この悪天候をものともせず、恒例のだるま市が開かれました。
露店が軒を連ねる手前の、商店街の一角でお巡りさんが信号機の雪を落としていました。

信号機の雪を落とす警察官

 

私がだるま市に顔を出した数十分の間に、大降りから小降りへ、小降りから大降りへと、雪は降り方を変えながらもせわしく降り続いていました。

露店1

 

この写真を撮ったのは午後4時半頃。一斗缶に焚かれた火が存在感を増しています。
こんな天候ですから人出も少ないのでしょう。ちょっと寂しい感じです。

露店2露店2

 

せっかくですから一つ買ってきました。
「福入」「家内安全」の文字が読み取れます。
きっといい年になるでしょう(^○^)

だるま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です