ゴーヤの種を採ってみた

ビニールハウス内でゴーヤが繁茂しています。昨年こぼれ落ちた種から自然発生したものです。

ゴーヤが繁茂

 

冬以外はハウスの屋根部分のビニールを外す場合がありますが、わが家では一年中ビニールをかけたままです。栽培よりも、物置や洗濯物干し場として使うことが多いからです。
ですから、ハウス内は雨にも降られず、土は乾きっぱなしで不健全、栄養不足です。
でも、ゴーヤだけは毎年この調子で繁茂するのです。きっとタフなんです。

見逃していたものはこうして熟しはじめます。
半熟果実

 

完熟したものがあったので種を採ることにしました。
熟したゴーヤの実

 

割ってみるとこんなぐあいです。
この、種を包んでいる赤い部分を食べる地域もあるようです。
ゴーヤ種子

 

その赤い部分を手で洗い落としました。
大きめの種を選びます。健全そうな種が14個ありました。
ゴーヤ種子

乾燥させたら封筒などに入れ、涼しいところに保存します。
ゴーヤに限らず、種子を保存する場合は冷蔵庫がいいという話を聞きますが、私はほとんどの場合入れません。
この種を来シーズン蒔きますが、そのときはまた投稿します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です