柚子栽培を寒い地方で挑む 苗木が到着

まずは苗木の購入

以前から柑橘類の栽培に興味があったのですが、柑橘類の生育は温暖な気候でないと難があるということであきらめていました。
しかし、柚子は柑橘類の仲間では比較的寒さに強いということを知り、思いきって挑んでみることにしました。山形県や秋田県でも実際に栽培されているのだそうです(冬季には寒さへの対策を立てているようですが)。

苗木はネットショップで購入しました。大実の本柚です。
この品種は一般的なものと異なり、木の高さを低めに栽培できるのが特長で、ベランダやコンテナでも栽培できるのだそうです。私は畑に植えて少し枝を張らせるつもりですが。

苗木

幹の先は切ってありましたが、先端までの長さは大きい苗が103センチ、小さいのが94センチほどでした。
苗木の値段は1本2,558円、2本で5,116円です。送料がかかりましたが、2本で648円でした。思ったより低料金でした。2本同梱で、縦長の段ボール箱に入っていました。

 

葉の付け根からは大きなトゲが出ています。3〜4センチくらいの長さです。

苗木のトゲ

 

苗木は接ぎ木したものです。接ぎ木苗は実生のものよりかなり早く結果するそうです(この品種は特に)。

接いだ跡

 

ところで、苗木が届いたのはいいのですが、外はこのとおり。まだたっぷりの積雪があります。畑の土はまだしばらく顔を出しそうにありません。

雪が積もっている
ショップに問い合わせたら、ポットのままで管理すれば、植え付けは雪解けの頃で大丈夫とのこと。ひとまず安心しましたが、いつになったら植えつけ作業ができることやら。

参考に、いくつか苗木をさがしてみました。

【ゆず 苗木】多田錦 13.5cmポット苗
柑橘類 苗木 ゆず 苗 種無し柚子 多田錦 (ただにしき) 2年生 接ぎ木 果樹苗木 果樹苗 カンキツ
柚子(ゆず)苗木 トゲ無しユズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です