羽根突きは庶民の遊びではなく、宮中の正月行事だった!

羽根突きは、もとは公家や女官たちの遊びで、庶民や子供とは縁遠い存在でした。

羽子板の画像
羽子板は装飾としてのイメージが強くなった。

 「時の流れ」や「時代の波」という言葉がありますが、世間ではさまざまな物事が変化して行きますね。
 私が少年だったころには、独楽(こま)回しや凧揚げ、羽根突きなどで遊ぶ子供たちの姿をあちこちで見かけたものですが、時代が進むにつれ、見かけることが少なくなりました。

 羽根突きは、古くは宮中の正月行事として行なわれていたもので、公家や女官たちが男組と女組に分かれ、勝ち負けを競っていたといわれています。
 その勝敗には賭け事の要素も含まれていたそうですから、どうやらおとなの遊びだったようです。

 つまり、もともとは庶民や子供とは縁のないものだったわけですが、どんなきっかけからか、次第に庶民の間に広がっていくことになりました。盛んになるのは江戸時代以降のことで、このころから女の子の遊びとして定着していきました。

 羽根突きは、「追い羽根」や「遣(や)り羽根」と呼ばれる、二人でお互いに羽根を突き返す遊び方がポピュラーですが、遊び相手が二人以上いても、それぞれが一人で突いて、その回数を競う「揚げ羽根」、または「突き羽根」と呼ばれるものもあります。
 それはそれでおもしろいと思いますが、やはり、お互いに突き合うほうが賑やかでもあり、楽しいのではないでしょうか。

羽根はトンボを模したもの

 かつて、羽子板は胡鬼板(こぎいた)とも呼ばれ、地味で簡素なものでした。それが、元禄のころから次第に華やかなものへと変わっていき、初日の出、鶴や亀、宝尽くし、花や鳥、美人画などが描かれるようになります。

 さらに、文化・文政のころには、狂言の人気役者の似顔の押し絵が登場するなど、豪華で高級なものも出回るようになりました。
 このころには装飾品としての地位も確立し、歳末には羽子板市が開かれるまでになりました。

 羽根は、蚊の敵である蜻蛉(とんぼ)を模したもので、これを羽子板で突くことによって、蚊にさされるのを防いだり、蚊を退治できるというまじないが込められているのだそうです。
 冬に蚊はいませんが、「蚊に刺されない夏になりますように」という願いが込められているのかもしれませんね。

 羽根の球は、一般的には無患子(むくろじ)という落葉高木の種子に鳥の羽を植え込んだものです。無患子の種子は羽根の球のほか、数珠にも用いられます。

 このタイプの羽根ができる以前は、竹を細く裂いたものや、竹筒に紙を差し込んだものなどが使われていたこともあったそうです。

 インターネットが普及したり交通機関が発達したりと、遊びが多様化した現代では、羽根突きをしている光景を見かけることが少なくなってしまいましたが、なんとか、後世にまで残ってほしいものです。

 無患子は樹高が15メートルほどになる高木で、寺社や庭に植えられることもあります。関東地方から沖縄まで分布しますが少数派です。
 秋には葉が黄葉し、実が熟します。果皮にはサポニンが含まれていて、石鹸の代用にもなります。
 私は「おこなう」を漢字表記する場合、送り仮名を「行う」ではなく、あえて「行なう」とすることがしばしばあります。
 内閣告示による「送り仮名の付け方」の中で「許容」とされていて、つかってもよいとされていることが一つ目の理由。二つ目は、「な」がはいったほうが明快だと考えているからです。