どんど焼きとも呼ばれる左義長は健康や幸福を祈る小正月行事

1月14日の夜か15日の朝、青竹を柱のようにして立て、それを中心に松飾りや注連縄、書き初めなど、新年の飾り物を積みあげます。幸せを願う小正月の行事です。

群馬県北部のこの地域では、珍しい二連のどんど焼きが行なわれたことがある。

 1月も半分過ぎて、今日はもう小正月。そろそろ正月気分も抜け、通常モードに戻る時期です。
 正月行事にも、そんな意味が込められているものがあります。小正月に行なわれる「左義長」(さぎちょう)です。

 左義長は地方によってさまざまな呼称があり、よく知られている「どんど焼き」のほか、とんど焼き、さいと焼き、オンベ焼きなどとも呼ばれます。
 どんど焼きは、火が燃えるようすを「どんど、どんど」と囃し立てたことに由来すると言われています。


 左義長は、1月14日の夜、または15日の朝に行なわれます。ただし、現代ではあまり厳密に規定されていない地域もあり、日曜や祝日に行なうことも多いようです。
 儀式の形としては、広い場所に青竹3本を柱のようにして立て、それを中心に松飾りや注連縄、書き初めなど、新年の飾り物を積みあげます。昨年のお札や達磨なども一緒に燃やします。
 場所は寺や神社の境内、川原、公共の広場などです。
 はじめに神官がお祓いの祝詞を唱え、多くの場合、地域の役員などが松明で火をつけます。

 もともとは、盆行事同様、先祖の霊を送り迎えするものでしたが、いつのころからか、先祖の霊ではなく、新年に訪れた年神様が、煙に乗って天上に帰るためのものに変わったのだそうです。

由来も形式もさまざま

 燃やすときには、その火で餅や団子、芋などを焼いて食べる地域もあるようですが、これは、そうすることによって、その年を無病息災で過ごせるという故事にあやかったものです。
 また、灰を体に塗ったり家の周囲にまいたりする地方もあるそうです。

 左義長の呼称の由来はいくつかありますが、古代中国の年占いで使われた、「毬杖」と呼ばれる棒を3本立てる悪魔祓いの儀式、「三毬杖」に由来するという説がもっとも有力なようです。
 毬杖は毬を打つ道具のことで、これを3本立てることから、漢字で「三つの毬の杖」と書き、「さぎちょう」と読みます。ちなみに、本来の左義長は「左義長」という字です。

 また、後漢時代に、仏教と道教の優劣を競わせるため、両方の教典を左右に分けて置いて焼いたことがあります。
 このとき、右側に置いた道教の教典は灰になり、左側に置いた仏教の経典は燃えませんでした。このことから、左のほうが優れているという意味の「左の義長ぜり」と言われるようになり、左義長になったという説もあります。

 ほかにも、鳥追い行事の「鷺鳥」に由来するなど、さまざまな説があり、どれが真実なのかは、まるでどんど焼きの煙のように、もやもやしていてはっきりしないようです。