材料は紙や竹、糊、糸だけの軽量な凧。でも揚げる楽しさは重量級

子供の遊びとしては絶滅危惧種のような状況になってしまった感もある凧や凧揚げ。なんとか勢いを取り戻してほしいと思います。

江戸時代には大きさや華やかさを競い合った。

凧は祝い事にも使われていた

 正月の遊びとして昔から親しまれてきたもののひとつに凧揚げがあります。近年では遊びやレジャーの多様化、広い場所の減少などが影響して、見かけることがめっきり少なくなってしまいましたが、大凧揚げ大会や凧合戦など、凧揚げを年中行事として行なっている地方もあり、まだまだ健在です。

 凧は世界各地にありますが、日本の凧は平安時代以前に中国から伝来したものです。当時は凧とは呼ばず、「紙で作ったトンビ」という意味で、「紙鳶」(しえん)と呼んでいました。それなら、凧揚げと呼ばずに「紙鳶揚げ」と呼んでいたのか、ということになりますが、そのへんは不明です。
 ちなみに凧の読みですが、「字統」(平凡社)には「たこ・いか」と出ています。ただし、海中を泳ぎまわっている蛸や烏賊とは、直接の関係はないようです。

 それはともかく、そのころの凧揚げは遊びとしてではなく、芸の一種として扱われていたようです。
 凧揚げが、遊びとして一般に普及するようになるのは、かなり時を経た江戸時代で、そのころから正月の遊びとして子供たちのあいだに流行し、定着したようです。

 また、子供の成長を祝ったり幸せを祈ったりするために凧を揚げた時代もありました。全国にはそうした風習が現在も残されている地方があり、三月や五月の節句に揚げたり、還暦の祝いや豊作祈願に、厄除にと、お祝い事に大活躍していますが、これこそ「ひっぱりだこ」というものでしょう。

 凧は大きく分けて字凧と絵凧とに分けられますが、形や細工のしかた、大きさなどは千差万別。オーソドックスな長方形をはじめ、菱形や奴凧などのほか、変わったところでは虻(あぶ)の形を模した愛知県のアブ凧、風でうなる長崎県のバラモン凧など、蝉や鶴、扇の形をしたものまで、さまざまなものがあります。

段ボールで作る! 動く、飛ぶ、遊ぶ工作 ―身近な材料で学ぶエンジニアリング (Make: KIDS)

有志や自治体による凧揚げ大会も健在

 大きな凧ばかりを集めた大凧揚げ大会も行なわれる地域があり、関東では埼玉県春日部市の「春日部大凧あげ祭り」がよく知られています。毎年5月3日と5日(4日はありません)に開催され、過去には縦15メートル、横11メートル、重さ800キロという巨大なものもあったそうです。

 また、神奈川県相模原市では「相模の大凧揚げ」が、毎年5月4日と5日に開催されます。凧は14.5メートル四方の正方形で、大貼りを脱着できる珍しいものだそうです。
 同じ神奈川県の座間市では、畳100畳分(13メートル四方で重量1トン)もの大凧が空を舞う「座間の大凧」が、毎年5月4日と5日開催されます。

 どこのどんな人が凧を考えだしたのか私にはわかりませんが、かなり柔軟な思考力をもっていたのでしょうね。

 ところで、「ひっぱりだこ」の「たこ」は「蛸」か「凧」か、漢字表記が気になったので、いくつかの国語辞典で調べてみました。

●日本国語大辞典(第二版)=「引張蛸」「引張凧」
●大辞林(第四版)=「引(っ)張り凧」「引(っ)張り蛸」
●大辞泉(第一版)=「引っ張り凧」「引っ張り蛸」
●広辞苑(第五版)=「引張り蛸」「引張り蛸」
●明鏡国語辞典(第三版)=「引っ張り凧」「引っ張り蛸」
●岩波国語辞典(第八版)=「引っ張り凧」「引っ張り蛸」
●新明解国語辞典(第八版)「引(っ)張(り)凧」
●旺文社国語辞典(第十一版)=「引(っ)張り凧」

 これで見る限りでは「凧」がやや優勢といったところでしょうか。

アバター

投稿者: 風筆堂

昭和中期に群馬県で産声をあげた〝高年〟男性です。県内企業を中途退職して独立し、グラフィックデザインと少々の雑文書きを生業としてきました。 一線を退いた今、日本(ときには世界にも目を向けて)の気候風土や民俗ほか、さまざまな物事を綴って行こうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA