特有の香りで人気のミツバ。漢方的な使い方もできる便利で多才な野菜

もとは山菜として親しまれていたミツバ。江戸時代中期からは栽培されるようになりましたが、それだけ好まれたということでしょう。

ミツバ1
細長い茎の先端に、枝分かれした3枚の葉がついている。

糸ミツバ、切りミツバ、根ミツバ

 香辛料のような香りが好まれるミツバはセリ科の多年草で、日本や東南アジアが原産です。日本では北海道から九州まで、外国では中国や北アメリカなどにも分布します。

 もとは山野に自生する山菜のひとつで、木陰のある半日陰のような場所をはじめ、やや湿り気のあるところに群生しています。
 栽培されるようになったのは江戸時代中期からと言われています。私は建物脇の半日陰で栽培していますが、ほとんど手入れをしないのに生育しています。

 ミツバは香りがけっこう強めですが、味は比較的淡泊なため、和風料理に適しています。お浸しやてんぷら、酢のもの、汁の実などのほか、香りを生かして薬味にもよく利用されます。
 特有の香り成分には、精神を落ちつかせたり食欲を増進させたりする効果があります。食事を楽しむには、まさにうってつけの食材と言えるでしょう。

 日本を原産地とする野菜はきわめて少なく、十種類にも満たないそうですから、ミツバは希少な「日本原産野菜」と言えそうです。

 細いしなやかな茎の先に3枚の葉がつくことから〝三つ葉〟の名がついたことはご存じでしょう。このミツバの種類は三つに分けられます。

 ひとつは、「青ミツバ」の別名をもつ「糸ミツバ」です。露地や水耕で栽培し、細くやわらかく育てます。
 市場には一年中出回りますが、一年のうちでも、特に3月ごろに出荷量が多くなります。栄養価が高くて香りが強いのが特徴です。

 糸ミツバの県別取扱高は千葉県がトップで、千葉県だけで全国取扱高の半分以上を占めています。
 以下、静岡、埼玉、茨城などの各県が続きます。この四つの県を合計すると、わずか数パーセントをほかの地域に譲るだけで、全国取扱高のほとんどを占めてしまうのだそうです。

見た目は華奢でも栄養豊富

ミツバ2
私が栽培しているミツバ。繁殖力がかなり旺盛だ。

 「切りミツバ」は促成軟化栽培をして根を切り取ったものです。畑で栽培した根を、暗くて湿度の高い温床に移して育てた後、葉だけが緑になるように光を当てます。
 そのため、食感がやわらかで、香りはやや控えめです。おいしい時期は冬です。

 「根ミツバ」は、冬に葉が枯れた後、根本に土寄せをし、翌年の春、地上に新たな葉先が出たら掘り出します。根は付けたままです。
 しゃきっとした歯応えが特徴で、旬は春です。

 種類によって差はありますが、ほぼ全体的に栄養価が高く、ニンジンなどにも含まれているβカロテンのほか、カリウム、カルシウム、鉄などのミネラルや、ビタミンC、E、Kなども多く含んでいます。

 なお、栽培されたものではない〝山菜〟としてのミツバは、春から秋まで食べることができます。
 食べ方としては栽培ものと同様、ごま和え、煮浸し、汁ものの実などのほか、炊き込みご飯などにも利用できます。
 保存する場合には塩や味噌で漬けます。

 また、風邪のひきはじめには、生葉20グラムほどを500ミリリットルの水で半分量になるまで煮詰めて飲むとよいと言われています。