伊勢海老漁獲量日本一は三重県。全国漁獲量の4分の1を占める

伊勢海老の漁獲量が国内でもっとも多いのは三重県。全体の約4分の1を占めています。なにしろ、伊勢海老の名が「伊勢湾でよく獲れたこと」に由来することを考えれば、うなずけるというものでしょう。

伊勢海老の脚の数が何本か、数えたことがありますか。

 正月に伊勢海老を食べたという人は少なくないのではないでしょうか。伊勢海老は縁起物として昔から好まれ、正月の飾り物に限らず、祝儀用として重宝されてきました。
 体の格好が、ちょうど腰が曲がったように見えることから、長寿や延命などを象徴しているとされ、結婚披露宴などにもよくお呼びがかかる売れっ子です。

 蛸(たこ)を食用としている国は多くありませんが、海老の仲間は数多くの国で食材として扱われています。
 日本でも車海老と並び、海産の食用資源として大いに貢献しています。海老の仲間では大形で、体長は30センチから35センチくらいになります。ボリュームたっぷりで味もいいため、伊勢海老にとっては災難ですが高価で取り引きされます。

 伊勢海老類は世界でおよそ130種が知られ、全体では年間15万トンが水揚げされていますが、日本での伊勢海老だけに限っていえば、だいたい1200トン前後といったところのようです。
 もっとも多いのは三重県で、全体の約4分の1を占めています。なにしろ、伊勢海老の名が「伊勢湾でよく獲れたこと」に由来することを考えればうなずけるというものです。

 調理法としては、殻を剥かずにそのままぶつ切りにして煮る「具足煮」にしたり、バターで焼いたりするなどして食されます。

十本の脚で岩礁を歩きまわる

 伊勢海老の生息域は岩礁地帯の浅い海で、宮城県北部から南の太平洋岸に多く分布しています。
 日中は岩棚や岩の割れ目などに身を潜め、日が落ちるころから、海老や蟹、貝類、沙蚕(ゴカイ)など、餌を求めて夜な夜な歩き回ります。これが、歩かない車海老などと異なる「歩行類」に分類される所以です。
 伊勢海老は、学問上では節足動物門甲殻網の十脚目に分類されています。つまり脚が10本あるのです。この脚を使って複雑な岩礁を巧みに歩くというわけです。

 漁獲には海老網と呼ばれる底刺網が使われます。底刺網はいくつかある刺網類の一種で、網を岩礁周辺の海底に張り立て、網目にからめるなどして漁獲するものです。海老網のほか、鱈場蟹刺網、鰈刺網などがあります。
 この海老網を、伊勢海老が腹ごしらえの活動を始める前に仕掛け、翌日の朝引きあげます。すると、網に脚をからませて動けなくなった伊勢海老が引っかかっているという仕組みです。

 近年、個体数が減少の一途をたどりつつあり、禁漁区や禁漁期間が設定されているほか、人工漁礁の投入や漁具の制限などの保護策がとられています。

 めでたいなどと言って喜んでいるのは人間だけで、当の伊勢海老にとっては、食材にされるのは不幸このうえない話。いかに長寿を象徴する伊勢海老とはいえ、これでは短命に終わりそうです。